人気ブログランキング |

1日1つの「日本的!」な楽しみ


by michiru-hibi1007

如月の年中行事・縁日

c0205840_2147677.jpg

2月もまじかになれば、和菓子舗のショウウインドウを飾るのは、様々な節分和菓子
その意匠をひろってあるく和菓子のウインドウショッピングも楽しいものです。
ということで、今月の年中行事と縁日です。
☆◎◇の先には、昨年のものではありますが詳細が。よろしかったらそちらもどうぞ。

◆福豆→☆
c0205840_21333555.jpg節分の夜にまく豆「福豆」は、節分の日よりも前に炒って、しばらく神さまにお供えしておくというのが作法なんだそうです。だからか、各神社ではずいぶん前から福豆の授与がはじまっていました。



◆節分祭...2月3日→☆☆
c0205840_21342232.jpg節分祭は、初春の一大イベント...でもあるようで、豆まき以外にも、神社のご祭神と由来をもとにざまざま工夫を凝らした催しが見られます。



◆初午祭の凧市...2月3日、15日、27日→☆☆☆
c0205840_21361618.jpg2月、最初の午の日は、お稲荷さんのご縁日である初午祭。かつて稲荷ブームともいえた江戸の町では、この日の賑わいはそうとうなものだったとか。王子稲荷神社には、2月午の日凧市がたち、火防の凧が授与されます。ことしは三の午まで。   


◆針供養...2月8日→◎
c0205840_21371441.jpg今日は、折針、古針を持って浅草寺の淡島堂へ。それを、豆腐にさして供養します。いつも静かな境内の賑わい振りにも驚いて、巨大なお豆腐にもまたびっくり。



◆建国記念の日...2月11日→◎◎
c0205840_21385042.jpg紐解いてゆけば、ちょっとはっきりしない建国記念日の由来。かつては、きな臭いことにも使われて、ぼんやり休むだけでなく、きちんと知っておきたいこの日のこと...と思います。



◆涅槃会...2月15日→◎◎◎
c0205840_21391580.jpg2月15日は、お釈迦様が80歳で入滅された日...つまりご命日。東京ならば、芝の増上寺とか浅草・浅草寺とかでは、所蔵の涅槃図を境内に麗々しく飾り、特別な法要も行われます。



◆初午祭の地口行灯...2月15日→◇
c0205840_21404273.jpg
今はあまり目にすることは無いけれど、お稲荷さんのご縁日、初午祭には地口行灯を掲げてお祝いをした。
そこに描かれているのは、言葉遊びと変なイラスト。もう、ほとんど駄洒落の世界です。



◆富士山の日...2月23日→◇◇
c0205840_21431524.jpg二=ふ、二=じ、三=さんと完全な語呂合わせですが、2月23日は「富士山の日」。葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」のうち、江戸から見た富士山の絵は18図ですが、とにかく、江戸の町というのは、天候に恵まれさえすれば、いつでも富士山に出会えたんだなぁとうらやましい。
もう、東京から見える富士山はごくごく少なくなりました。



◆天神様の菜種御供...2月25日→◇◇◇
c0205840_2144189.jpg2月25日は菅原道真公の命日。亀戸天神では、今日を命日として、「菜種御供」という神事が執り行われます。
天神様といえば梅。そこに春の菜の花、そして亀戸の藤...と、なんと美しいものに縁深いカミサマであることでしょうか。
by michiru-hibi1007 | 2012-02-01 22:59 | 年中行事・祭・縁日